新提案。肉料理のための日本酒の登場です。あなたにとって最高の肉料理を、心を込めて醸したお酒とともに演出します。

すいせんの言葉

 近江酒造の熟酒は、長い時を気温や湿度の変化が少ない土蔵で貯蔵され、スパイシーな味わいとへ変化、風格を備えた個性豊かな熟成酒へと生まれ変わりました。

 ドライフルーツやアーモンド、ナッツやシナモン様のスパイシーな香りと重厚な味わいの熟成酒は、焼き肉の濃厚な旨みと甘みと混然一体となり、何倍にも美味しさをアップさせます。

 近江酒造熟成酒は焼き肉のための「酒」と言っても過言ではない!ベストマッチの日本酒です。

 ※老香と熟成香では、科学的成分の違いがあります。老香は、ジメチルトリスルヒッド(DMTS)が多く、熟成香はソトロンが多い傾向にあります。
   

試飲された方の声

2015年4月、弊社が所在する滋賀県内某所、および東京都内某所で行われたある日本酒イベントにて、来場客のみなさんに試作品を試飲して頂きました。その時の感想の数々です。

 熟成酒って、単に古酒でしょと思っていたけど、結構奥が深い味がする。フレッシュなのがおいしい酒と思っていたが、こういうお酒の味もあるのを初めて知った。(40代男性)

 この蔵の酒のほかのどの酒よりもパンチが効いていて、印象に残る。(50代男性)

 肉料理に合う酒というよりも、肉料理が食べたくなるお酒だ!(20代男性)

 料理に合う酒という目の付け所がうまい。そして、その期待を裏切らないうまさだ(40代女性)

 2016年1月~2月に、焼肉ビジネスフェア(東京、大阪)で出展したときのお客様の声です。

 純米の方がたれの濃い肉料理に合う。純米吟醸はあっさりとした肉に合う(50代男性・酒卸)

 (日本酒と肉料理が合うなんて)実際に飲むまではわからなかった。飲むのと飲まないのとでは大違いだ。(60代男性)

 他のところで肉に合う酒をやっていたが、ここ(当社)のほうが一番うまい。(40代男性)

たくさんのご意見、ありがとうございます!

↑ PAGE TOP